東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で山林や竹林を購入して家庭菜園で遊ぼう


「スポンサーリンク」




このブログの説明のバックアップ先 ⇒ アウトドアと田舎暮らし

 

注目の投稿

今年こそ田舎暮らし格安物件の山林で家庭菜園をやろう

東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で山林を購入して家庭菜園で遊ぼう 今年こそ東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で格安物件の山林を購入して家庭菜園で遊ぼう。 東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で格安物件の山林を購入し...

田舎暮らし

田舎暮らしでは遊び心を大切に。
竹林を購入(賃貸)して竹炭を焼いたり竹酢液を採取する遊びは、灰などもとれるので、有機栽培で無農薬の家庭菜園の遊びの役にも立って、非常に有益な遊びとなる。

格安物件

格安物件であればこそ出来る遊びがある。
格安物件は素晴らしい。

2014年3月16日

山林売買で山林購入の注意点やポイント-1

売却側から見た山林売買

山林を購入したくて、売買物件の広告を調べても、なぜか宅地の広告と少し違うような気がする。
山林売買で出てくる広告は、なにしろ土地面積が広い。
山林売買で出てくる広告は、なにしろ価格(坪単価)が安い。
山林売買で出てくる広告は、一見しただけでは物件の場所が分からない。
いままで、山林を売買していて分かったことは、山林購入を宅地購入とを同じ様に考えている人がいかに多いかという事。
それもその筈、よく見かける広告に、格安土地売買(市街化調整区域・地目:山林)というのがある。
そういった格安物件の広告ばかり見ている人が、初めて本当の山林売買の広告を見ると、土地面積の広さや、坪単価の安さに驚いて電話を掛けて来る。
このブログのメインタイトル「田舎暮らし不動産の山林で遊ぶ」という発想は、山林売買の山林をサンダル履きで見学に来る人にはあてはまらない。
山林売買の山林をスポーツカーで半袖半ズボンで見学に来る人も同様かもしれない。