東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で山林や竹林を購入して家庭菜園で遊ぼう


「スポンサーリンク」




このブログの説明のバックアップ先 ⇒ アウトドアと田舎暮らし

 

注目の投稿

今年こそ田舎暮らし格安物件の山林で家庭菜園をやろう

東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で山林を購入して家庭菜園で遊ぼう 今年こそ東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で格安物件の山林を購入して家庭菜園で遊ぼう。 東京の奥多摩町とか神奈川県三浦半島や千葉県南房総の田舎で格安物件の山林を購入し...

田舎暮らし

田舎暮らしでは遊び心を大切に。
竹林を購入(賃貸)して竹炭を焼いたり竹酢液を採取する遊びは、灰などもとれるので、有機栽培で無農薬の家庭菜園の遊びの役にも立って、非常に有益な遊びとなる。

格安物件

格安物件であればこそ出来る遊びがある。
格安物件は素晴らしい。

2014年11月17日

山林(売買)購入の注意点

山林購入(売買)の注意点(境界確認について)

例えば10,000㎡の山林を300万円で購入するとします。
購入するからには、境界点をはっきりしてもらわないと、と言う事で、山林の売主に「境界杭を入れてくれないと購入出来ません」、と条件を出したとします。
間髪を入れずに売主は、「だったら、購入していただくてけっこうです」と言いました。
その購入しようとしている山林は、公図でテェックしてみると、境界点が30ヵ所有りました。
一箇所5万円で計算すると、150万円かかります。
これでは、売主が快く応じる訳がありません。
ちなみに、自分の場合の山林の購入は、公図があれば現況有姿で購入しています。
他にも注意しなくてはいけない事柄は色々ありますが、山林の売主も買主も売買を躊躇する原因が、このような注意点が有るからだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿